美容液

毛穴のたるみを引き締めよう【毎日のケアがお肌を変える】

肌に必要な成分を補い改善

にっこりの婦人

セラミドが不足すると

毛穴のたるみが起こる原因は、肌に含まれているセラミドがしだいに減少してくるということです。セラミドとは自然界に存在するスフィンゴ脂質という物質ですが、このセラミドは細胞と細胞をしっかり接合するという働きをしています。ですからセラミドが不足してくると細胞同士のつながりがゆるくなってきてしまうのです。セラミドが十分に存在する肌では毛穴のたるみは起こりません。したがって、毛穴のたるみを解消するためには肌にもう一度セラミドを行き渡らせる必要があります。セラミドはその効果の高さから化粧品にも配合されるようになってきており、毎日のスキンケアで補うことができます。こうすることによって毛穴のたるみを少しずつ目立たなくしていくことができます。

コラーゲン分解酵素が増加

毛穴のたるみを防ぐためには、肌のコラーゲン層が健康であることも重要な要素となります。コラーゲンが健康な状態であれば、毛穴は順調に開いたり閉じたりを繰り返すことができるからです。コラーゲンも年齢とともに少なくなっていくので、不足すると毛穴の開け閉めがスムーズにできずに毛穴にたるみができてきます。コラーゲンは加齢によって減少するだけでなく、コラーゲンを分解する作用のある酵素によっても壊されます。この酵素はコラーゲンやセラミドなどとは反対に、年齢とともにだんだん増えてくるという性質を持っています。しかし現在ではその酵素に対抗するために開発された化粧品もあるので、これからは化粧品によるコラーゲンの回復も可能になっていくことでしょう。